すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

最後の日

みなさんは毎晩、夢を見ますか?私はよく夢を見ます。

先日見た夢は、はじめの方はもう記憶が曖昧ですが、特撮もののような感じで、大きな怪物(?)と戦わなくちゃいけないような夢で、私にとってはかなり珍しい夢です。でも、その後に場面が変わって、家族で車に乗ってどこかへ出かけているんです。両親は今より若いような気もすれば、今と変わらないような感じでもあり、自分自身の年齢もあやふや。

ドライブの行先はちゃんと決まってなくて、でも、せっかくだからどこかへ行こうよ、という感じ。どうして「せっかく」なのかというと、それは最後の日だから。地球なのか人類なのか分からないけど、明日はない、最後の日。その先の不安なんかなくて、今日をいい日にしようとみんなが思っていて、だから、みんなどこかへ出かけているみたい。

結局、どこかへ向かっている途中で夢から覚めましたが、以前読んだ浅田次郎さんの短編集『夕映え天使』の中の ある話を思い出しました。なんでこんな夢を見たんだろうと思いつつ、でも、いつかは自分の最後の日は来るんだよな…と不思議な感じもあり。そして、「あれはどうしよう」とか先のことを考えないのは、ストレスが少なく、今に集中していて、マインドフルネスだなぁとも思いました。

夢の内容に特に深い意味はないのかもしれないけれど、夢には潜在的なものが反映されているのではないかと勘ぐってしまいます。