すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『買わない暮らし。』

『買わない暮らし。』というタイトルですが、何を買わないかというと、表紙に"Stop buying things you don't need." とあります。必要のないものを買わないってあたり前じゃん!と思ってしまいそうですが、本当は必要でないものを必要だと思い込んでる場合もあるでしょうし、「ニーズ」と「ウォンツ」がちゃんと把握できているかというと怪しい…。

本書、去年の夏ごろに図書館で予約したのですが、なかなか順番がまわってこなくて、あと少し!というところで引っ越し。引っ越し後、こちらの図書館で予約して約3ヶ月で借りれました。それなら「買えばいいのに」って思われそうですが、買わない暮らしなので。。

買い物があまり好きではないということもあってか、買わないチャレンジをしているわけではないのに、コロナ以降、服(靴下&下着を除く)を買っていません。さらに、引っ越して収納スペースが狭くなったことにより、何着か手放しました。そして、まだ減らそうとしています…。もともと多くないのに。

でも、必要のないものは買わない暮らしができているかというとそうではなくて、ダメなのが、菓子パンを含む お菓子なんですよね…。部屋にガラクタが増えるわけではないけれど、あぁ、恐ろしい。

買うことの心理的ニーズや「安売り」「セール」に飛びついてしまう理由なども書かれており、参考になります。セールで買うのはお得だから、という理由はよくわかるのですが、チャンスを逃して買いそびれたくないから、人に取られたくないから、といった理由はバーゲン会場で商品をわれ先にと取り合う光景を思い浮かべつつ、怖いなと思いました。