すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ショートケーキ。』

著者は『和菓子のアン』シリーズの坂木司さん。短編集です。和菓子じゃなくて、今度はコージーコーナーのショートケーキが食べたくなっちゃうじゃないか!(山梨県民としてはシャトレーゼを一番に応援していますが…)

そして、著者に多大なるインスピレーションを与えたのが岡野大嗣さんの短歌だそうで、その短歌も載っていますが、それが収められているのが『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』。こちら『図書室のはこぶね』でも登場し、気になっただけに、さらに気になりまして、これは一度読まないと!

blog.ariri-simple.site

毎月22日はショートケーキの日。その理由というのが、カレンダーに答えがあって、上に15(イチゴ)がのっているから、と捻りがきいたもの。初めて知った時は「なるほど~!」と思い、つい誰かに教えたくなったのですが(確か職場の人に言ったはず…)、ケーキと言えばイチゴのショートケーキのイメージがありますよね。でも、大人になるにつれて、それじゃあ子どもっぽいかなと思うようになり、チーズケーキあたりに落ち着いたり。

ケーキ屋さんのケーキはご無沙汰ですが、ヤマザキのケーキドーナツが安いと買ってしまいます。甘いものはなかなか卒業できず(「買わない暮らし」ができない…)、土日は食べてもOKというマイ・ルールを近頃、設定しました。