すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ひと駅、乗り過ごしました

違う電車に間違えて乗ってしまい、慌てて折り返したことはあるけれど、寝過ごしたりして、電車を乗り過ごしてしまったということは、意外とこれまで無いように思います。しかしながら、先日の朝、はじめて ひと駅乗り過ごしてしまいました…。降りるはずの一つ前の駅までは覚えていたのですが。気付いたら、降りるはずの駅を出発した後…。とにかく、次の駅で降りて引き返さなきゃ!と焦りました。

次の駅で降りたはいいものの、反対方向のホームへの行き方がよく分からない。「あぁ、どうしよう…」と焦ります。でも、都会のひと駅だったら歩けるだろうと思い、改札を出て歩くことに。とはいえ、いつも降りる駅ではないので、どちらの方向に進んだらいいんだろうと、そこでストップ。しかし、「おそらくこっちかな?」という方向を見れば、目印となるビルが見つかって、ほっと一安心。無事に職場に着くことができました。

ひと駅 乗り過ごしてしまった分のタイムロスは、10分ちょっとだったと思います。どうして乗り過ごしてしまったかというと、寝ていたわけではなく、ただ本を読んでいました。自分の中では、ちょっと読んでいただけのつもりが、停車駅に気付かないほど入り込んでいたようです。

引っ越したばかりの頃は、まだ慣れていないので、何もせず、ただじっと電車に乗っていました。徐々に慣れてきてから、通勤途中に本を読むようになったのですが、気をつけないといけないなと思いました。

ちょっとしたアクシデントではあったけど、無事に辿り着けたので、たまには違う駅で降りてみるのも景色が違って面白いなとも思えました。