すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ブログ引っ越します

突然ではありますが、はてなブログからnoteにお引っ越しすることにいたしました。これまでご覧くださった方、ありがとうございました。もしよろしければ、noteの方もご覧いただけると幸いです。 note.com このブログを始めたとき、「何か発信したい!」とい…

出しそびれた手紙

実家の自分の部屋の片づけで、「ありゃりゃ~困った」と思うのが、図工で作ったモノと手紙や手帳などの他人に見られたくないモノたち。粘土で作ったものとかは、捨て方に困るだけで、ゴミの分類を見ればなんとかなります。一方、手紙や手帳などは、捨て方は…

20年ぶりぐらい?

先日、帰省した際のこと、久々に最寄駅からバスに乗って実家に帰りました。いつもは母に迎えにきてもらうのですが、その日は仕事があるとのことだったので、バスで帰ろうと思いまして。仕事には間に合うから迎えに行くよと母から言われましたが、それだと慌…

実家の自分の部屋の片づけ

先日、帰省して、何年計画になるか分からない自分の部屋の片づけの続きを実行。前回、教科書とかプリントとか紙類を処分し、まだ紙類は残っているのですが、今回は不燃ごみにしよう!と決めました。 不燃ごみは重いものが多かったので、専用のゴミ袋(中)20…

本棚:『星空病院 キッチン花』

星空病院の別館4階にある「キッチン花」。そこにいるのは、手術と料理の腕だけが取り柄の好々爺然としたおじいさんと、どことなく気弱な印象のおじさん。シェフこだわりの料理は、心のわだかまりも解きほぐしてくれて…。 記憶にはありませんが、まだ赤ちゃん…

本棚:『涙の花嫁行列 たこ焼きの岸本2』

先日読んだ『たこ焼きの岸本』の第2弾。時代はさかのぼって、十喜子が進に出会って、結婚するまでの話です。大阪のおばちゃんの十喜子にも10代の頃があったんだよなぁ。おかんになる前の娘時代の十喜子は今とちょっと印象が違うかもしれないな。商店街の面々…

本棚:『菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日』

シリーズ2作目。日常に潜むちょっとしたミステリーの謎解きですが、真実が何であるかよりも、その真実をどう伝えるかが大事だなと思いました。 最初の話で登場する料理教室でのテーマとなる野菜はきゅうり。夏野菜です。その次の話ではズッキーニ。きゅうり…